検索者はニャーナカンダムを開きましたか?

ニャーナカンダム=「人生において真理や叡智を得るための方法やアドバイスが書かれた章」

とするのがよいようです。
日本でもすでにかなりの人が開いてますし、私たちが精神的な向上において、の、アドバイスや時期が書いてあります。

ちなみに私も開きました。開けれなければ代行検索者ではないと、いう意見を聞いたので、じゃあ開けれるかなって思って
「探して」といったら出てきました。
マニバサカンは「誰でも開けれる」と教えてくれました。

※インドでグナナ(GNANA)カンダムというと「ニャーナカンダム!!(のこと?)」と注意されます!
せめてこのHPをみてしまったあなたはローマ字読みはやめましょう!